クリスマスにオススメの弾き語り

クリスマス

こんにちは、五十崎研二です。

 

もうすぐクリスマスですね。

 

そこで、クリスマスにオススメのアコギ弾き語り曲を集めてみました。

 

アコギ弾き語りでオススメのクリスマス曲

 

White Christmas(ビング・クロスビー)

 

クリスマスといえば、私はやっぱりホワイトクリスマスですね。

この曲、ビング・クロスビーが歌ったことで有名になりましたが、フランク・シナトラも歌っていて、日本人では山下達郎のクリスマス・イブのシングルCDの2曲目にも入っています。

私が初めてこの曲を聞いたのは小学生の頃ですが、同時に「ホワイトクリスマス」というミュージカル映画をみて、子供ながらに主演のビング・クロスビーとダニー・ケイにうっとりした思い出があります。

 

 

クリスマス・イブ(山下達郎)

 

日本人の誰もが知っているクリスマス曲といえば山下達郎さんのクリスマス・イブです。

1988年にJR東海のCMソングに使用されたことで爆発的にヒットしました。

私もあのCMには本当に胸キュンものでした。

 

 

いつかのメリークリスマス(B’z)

 

B’zの中でも人気のある楽曲のひとつで、バラード曲として完成度が高い曲だと思います。

あの、透明で響のあるイントロが特に印象的ですね。

また、間奏とエンディングのギターのインストかっこいいですよね。

アコギの弾き語りにぴったりです。

 

 

Merry Christmas(BUMP OF CHICKEN)

 

「クリスマスソングを書いてくれ」 いうプロデューサーによるオファーで作られたものらしいですね。

でも、できた曲のクリスマス感は半端ないです。

軽快なテンポのリズムが、実際に華やかなクリスマスの街を歩いているような気分になりますね。

 

 

クリスマスソング(back number)

 

フジテレビ系ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん』の主題歌として作られた曲です。

「君が好きだ」っていうシンプルで素直な言葉にたどり着くまでの切ない思いが、クリスマスという季節を背景に折り込まれていて、ストレートに共感できますね。

 

 

チキンライス(浜田雅功)

 

へーそんな曲あったのって思う方もいるかもしれません。

この曲は、ダウンタウンの松本人志さんが自身の貧しい家庭で過ごした少年時代のエピソードを基に書いた歌詞に槇原敬之さんが曲をつけて、相方の浜田さんが歌った曲です。

クリスマスソングといえば、恋愛にまつわる歌が多い中で、この歌詞は違った視点からのクリスマスの思いが描かれていて、とても感動します。

 

 

僕だけのクリスマス(長渕剛)

 

長渕さんには珍しくクリスマスの曲です。

クリスマスの日に新しいパパがやってくるっていう曲で、子供の心の動きが手に取るようにわかるちょっと涙ものの曲です。

作詞は、安全地帯ほか数多くの作詞を手がけている松井五郎さん。

「HEAVY GAUGE」っていう1983年にリリースされた6枚目のアルバムに収録されている曲です。

 

 

MIDNIGHT FLIGHT 〜 ひとりぼっちのクリスマス・イブ(浜田省吾)

 

浜田省吾さんの代表的なバラード曲です。

題名からしても本当に寂しい曲ですよね。

歌詞の中で特に印象的なのが

ポケットの中あの娘に贈ろうとしたGolden Ring
今でも手のひらに握りしめたまま〜🎵

というところです。

ジーンときますね。

 

 

まとめ

 

クリスマスの曲ってたくさんありますよね。

カラオケで歌うのもいいですが、ギターで弾き語りで歌うクリスマスソングはまた格別ですよ。

 

ぜひ練習してみてくださいね。

 

Follow me!