アコギのチューニング方法

チューニング

こんにちは、五十崎研二です。

 

今回は、ギターにとって一番大事と言っても過言ではないチューニングについて解説したいと思います。

 

チューニングとは「楽器を調律して音程を正しくすること」を言います。

どんなにいい楽器を使っても音程が正しくなければ、意味がありません。

では、アコギのチューニングについてみていきましょう。

 

アコギのチューニングとは

 

アコギの音程

 

アコギには6本の弦がありますが、その開放弦の音程は以下のとおりです。

一般的には

6弦・・・ミ(E)

5弦・・・ラ(A)

4弦・・・レ(D)

3弦・・・ソ(G)

2弦・・・シ(B)

1弦・・・ミ(E)

となります。

そのほかにも半音下げたり、変則的なチューニングもありますが、ここではノーマルな音程に合わせていきましょう。

 

弦の音程を変える

 

各弦の音を変えるためには、ギターヘッドにあるペグと言われるつまみを回します。

ペグを回し、弦を引っ張ったり緩めたりすることで音程を調整します。

 

6・5・4弦はペグを時計まわりに回すと音程が下がり、反時計まわりに回すと音程が上がります。

3・2・1弦はその逆で、ペグを時計まわりに回すと音程が上がり、反時計まわりに回すと音程が下がります。

これは、弦を張る時に、6〜4弦と3〜1弦と巻き方が反対になっているからです。

音程を上げる方向にペグを回すことを「ペグをしめる」、音程を下げる方向にペグを回すことを「ペグを緩める」といいます。

 

緩めるはずが、間違えてペグを反対方向に回しすぎると、弦が切れてしまいますので注意しましょう。

 

 

アコギのチューニング方法

 

次にアコギのチューニング方法について解説します。

 

チューナーを使う

 

一番簡単で素早く正確にチューニングするためにはチューナーを使用するのが便利です。

チューナーは、今鳴っている音の音程を自動で表示してくれます。

 

 

6弦から1弦まで一本一本鳴らし、チューナーの表示を見ながら、合わせたい音程になるまでペグを回していきます。

通常は、前述の「アコギの音程」で解説したように、アルファベットで音程が表示されますので、それぞれの弦の表示に合うようにしましょう。

この作業は、2回は行ってください。

6弦から1弦まで合わせた後、もう一回6弦から1弦まで同じ作業をすることで、音程が安定すると思います。

 

音叉を使う

 

音叉を使ったチューニング方法について解説します。

今のようにチューナーが普及する以前は、私も音叉を使っていました。

音叉とは、叩くと一定の振動数の音を発生する音響器で、均質な鋼をU字形に曲げ中央に柄を付けたものです。

音叉には何種類かありますが、アコギのチューニングの場合は、A=440Hzのものを使用して、5弦をその音に合わせてから、5弦を基本に各弦の音程を合わせていきます。

 

音叉の下の部分を持って、二股に分かれている部分を自分の膝などに軽く叩きつけると、音が鳴ります。

そのまま、アコギのボディ部分に音叉の下の丸い部分を軽くあてると、音叉の音がよく響きます。

同時に5弦を鳴らして、音叉の音と5弦の音が、共鳴して倍音になるところを見つけましょう。

それで、5弦の音を合わせたら、以下のように順番に各弦の音を合わせていきます。

(1)音叉の音=5弦の開放弦

(2)5弦の5フレット=4弦の開放弦

(3)4弦の5フレット=3弦の開放弦

(4)3弦の4フレット=2弦の開放弦

(5)2弦の5フレット=1弦の開放弦

(6)6弦の5フレット=5弦の開放弦

 

それ以外にハーモニクスを使う方法もあります。

(1)音叉の音=5弦の5フレットのハーモニクス

(2)6弦の5フレットのハーモニクス=5弦の7フレットのハーモニクス

(3)5弦の5フレットのハーモニクス=4弦の7フレットのハーモニクス

(4)4弦の5フレットのハーモニクス=3弦の7フレットのハーモニクス

(5)3弦の4フレットのハーモニクス=2弦の5フレットのハーモニクス

(6)2弦の5フレットのハーモニクス=1弦の7フレットのハーモニクス

※ハーモニクスとは、指をフレットバーの真上に軽くあてて、弦を鳴らすと同時に指を外すことで音を出す手法です。ハーモニクスを使うとより正確なチューニングが可能になります。

 

 

チューニングのコツ

 

必ずペグをしめる方向で合わせましょう。
ペグを緩める方向で合わせると、チューニングが安定せずに狂いやすくなるからです。

もし、音程が上がりすぎた場合は、一度合わせたい音程よりも下げてから、再度ペグをしめる方向に回して音程を合わせることで、より安定した正確なチューニングをすることができます。

 

まとめ

 

現在はチューナーが普及していますので、素早く正確に合わせるためにはチューナーを使うのが一般的になっています。

チューナーを使ったチューニングで、私が時々やってしまう失敗が、自分では2弦を合わせているつもりで2弦のペグを調整しながら、実は3弦を鳴らしていたということがありました。

みなさんはそんなことありませんよね(笑)。

 

音叉を使ったチューニングは、面倒かもしれませんが、互いの弦を鳴らすことで音が共鳴する感覚とか各弦の音の仕組みとかを学ぶためには、オススメです。

また、ハーモニクスは少しコツがいりますが、演奏の中の手法としても有効ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

Follow me!