アコギで使いやすいチューナーとは?

チューナー

こんにちは、五十崎研二です。

 

私は都内のライブハウスで10年ギター弾き語りライブをやっています。

 

その際に、ギターのチューニングがとても重要になっています。

 

今回はアコースティックギターのチューナーの選び方について、試行錯誤しながらいろいろ試してみた経験からみなさんに役立てばいいなと思ってまとめてみました。

 

私がオススメするBEST10に加えて、番外編として2点掲載しました。ぜひより快適な弾き語りライフの参考にしてみてください。

 

チューナーとは?

 

チューナーってそもそもどんなときに使うものでしょうか?

 

アコースティックギターには6本の弦があります。その弦のそれぞれの音を正確に合わせないとまともな演奏はできませんよね。

 

どうやって合わせたら良いのでしょうか。以前は音叉っていう道具を使って、5弦の音を音叉の音に合わせてから、5弦をベースにそれぞれの弦を合わせていました。

 

でも、ギターは弾いてるうちに音が少しづつ変わってきてしまいます。

 

そんな時に素早く音を合わせたいですよね。

 

そこで登場するのが、チューナーです。

 

チューナーがあれば素早く音合せ(チューニング)ができますよ。

 

 

どんなチューナーを選べばいい?

 

チューナーには様々な種類があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

 

そこで、実際に弾き語りをしている経験から、チューナーを選ぶときに大事なことをまとめてみました。

 

一目でわかりやすい画面表示

 

ギターを弾く場所は、野外の太陽が照りつける中であったり、暗めのライブハウスであったり、色々な環境で弾くことがあります。

 

どんな環境でも見やすく分りやすい画面であることが大切ですね。

 

レスポンスの速さと感度の良さ

 

弦を弾いてもなかなか反応してくれないと困りますよね。

 

また、周りがうるさい時に周りの音に反応してしまって、合わせられないのも困りますね。

 

ですから、なるべく反応の良いものを選ぶ必要があります。

 

軽くてコンパクト

 

チューナーはカポタストと同様にいつも気軽に持ち運びたいものです。

 

また、通常ギターのネック等に挟んで使用しますので、コンパクトで使いやすいものが望ましいですね。

 

TC ELECTRONIC PolyTune Clip

PolyTune Clipは、3つのチューニング・モードを搭載。全ての弦を同時にチューニング可能なポリフォニック・チューニングに加え、一般的なクロマチック・チューナー・モードと、±0.02セントの精度を誇るストロボ・チューナー・モードも選べます。目的や好みに合わせて、表示方式を変えられます。また、スマートフォンやタブレットでおなじみの自動回転機能を搭載。右、左等、設置の向きに関わらず、手動での設定や操作を必要とせずに、表示の向きが自動的に調整されます。

KORG Pitchclip 2

コンパクトでシンプルで見やすいチューナーです。2になってよりホールド力を高めつつ、楽器を保護するラバー処理で安心。低音域をより正確に検出するよう改良され、リバース機能でメーター表示を上下変更可能です。

StroboClip HD

ストロボ式により1/10セントの正確さでチューニングができ、バックライト付きで角度を調整できるディスプレイはとても見やすく直射日光下でも確認できます。
ヘルツ単位で微調整が可能でドロップ・チューニングやカポ設定も可能で、様々な楽器や音律プリセットを50種搭載しています。
ストロボチューナーは最初は慣れが必要ですが、その精度には驚かされます。

KORG PitchCrow-G

コンパクトで、軽量で、鮮やかなフルカラーLCDがとても見やすい。ビギナーに最適な、1弦巻き過ぎ警告機能付きで、±0.1セントまで追い込める、超高精度チューニングも可能です。

Planet Waves NS Mini Headstock Tuner PW-CT-12

とても小さく重量も10g程と超軽量ので、ヘッドに付けたままでも目立ちません。
リバーシブルのスクリーンと360度回転のクリップによって、ギターのヘッドのどの位置につけても、液晶部分をこちらに向かせることが出来ます。
また、小さいながらも、バックライトのLCDディスプレイで3色表示(赤・黄・緑)によって、チューニング時の視認性も良いです。
そして、どのような変則チューニングにも対応可能なほか、410-480Hzの幅広い範囲でキャリブレーション可能です。

SEIKO STX7

USB充電に対応しており3時間でフル充電、電池交換が不要です。
ハイパワー白色LEDライト付きで、譜面台を照らしたり、暗いステージ上でとっても便利です。
音名がはっきりくっきり表示され明るい野外でも視認性抜群。
音を鳴らした瞬間のすばやいレスポンスも特徴です。

Flanger FT-12C

視認性に優れたカラーディスプレイを搭載したクリップチューナーです。
ボタンは2つだけというシンプルで機能的なデザイン。
クロマチック/ギター/ベース/ウクレレ/バイオリンという豊富なチューニングモードを搭載しています。

MORRIS CT-3

通常のチューナー機能に加え、メトロノーム機能も装備。リズム確認にも便利です。キャリブレーションは430から450Hz、1Hz単位で設定可能です。
通常のチューニングだけでなく、基準音を内蔵スピーカーから鳴らすことも可能です。
また、フラットモード搭載で、ギター/ベースの「半音下げ」「全音下げ」の時にも迷わずチューニングができます。

SYMPHA プロジェクションギターチューナー

モニター内に浮かび上がるように表示されるチューニングの様子は、今までのデジタルチューナーとは異なり未来感を感じさせるチューナーです。
シンプルな1ボタンオペレーション。1プッシュでA4=436-445ヘルツにチューニング可能です。
自動OFF機能搭載。3分間の操作、または入力シグナルが無い場合自動的に電源OFFになりボタン電池の消耗を抑えます。
LCDヘッド部は130度の角度変更と180度の液晶回転角度が変更でできる仕様です。利き手方向など気にすることなく利用可能です。

KORG Rimpitch-C

Rimpitch-Cはアコースティック・ギターのサウンド・ホールの下側に取り付けて使用するチューナーで、観客の目に触れず、さりげなくチューニングできるのが特徴です。
クロマチック・チューニングに対応していて、幅広い測定範囲、キャリブレーション機能がついています。
高輝度LEDを採用していて暗いステージでもみやすいチューナーです。

 

まとめ

 

ギター弾き語りにチューナーを使う重要性がお分りになりましたか?

 

チューナーを使うとギターのチューニングが誰でも簡単にできます。

 

ランキングを参考にしていただき、まずは実際に使ってみてください。

 

あなたの弾き語りライフが広がりますよ!

 

 

Follow me!

チューナー
スポンサーリンク
Kenjiをフォローする
初心者専門ギター弾き語り