どうしたらよ良い声が出せるの?

発声

こんにちは、五十崎研二です。

 

今回は、歌うことについて書いてみたいと思います。

歌うって難しい?

 

歌って難しいですねって良く言われます。

どうすると大きな声が出るの?

どうすれば高い声が出せるの?

音痴なんだけどどうしたら音を外さずに歌えるの?

カラオケが上手くなりたいんだけど…

本当に歌うことって難しいことなんでしょうか?

 

声ってどうやって出るの?

 

歌う前に、声がどうやって出るんでしょうか?

その前に、例えばギターはどうやって音が出るか考えてみましょう。

 

弦を弾くと弦が震えることで、小さな振動が生まれます。

その小さな振動がボディに伝わり、ボディの内部で増幅され

大きな振動となって音が出ます。

特にアコースティックギターは、アンプ無しでも大きな音が出るように

ボディがひょうたん型の空洞となっています。

ギターの弦を強く弾くと振動が大きくなるためより大きな音が出ます。

これがギターの音の出る仕組みです。

 

人間の声はどうでしょうか。

喉に声帯という2枚のひだを息が通過することで声帯が震え

その振動が、喉から口や鼻で増幅されて声となって外に出るのです。

息が強く声帯にあたると振動が大きくなることから大きな声になります。

 

身体も楽器です

 

さて、ギターの音の出る仕組みと、声の出る仕組みを紹介しましたが

なんのことですかと思っていらっしゃる方もいるでしょう。

ギター講座じゃないんだから!

 

でも、ちょっと考えてみましょう。

ギターを弾く強さが1音ずつマチマチだと音がバラバラに聞こえませんか?

それと同じで、息の強さがバラバラだと、声帯の振動も不安定で

良い声は出ません。

つまり、一定の強さで息が吐けることが大切なんです。

 

次に、ギターのボディですが、ミニギターという持ち運びできる小さなギターと

普通のギターとどちらが響きの良い音が出ますか?

もちろんボディの大きい普通のギターの方が響きの良い大きな音が出ます。

声も同じで、ギターのボディにあたる、口腔内と鼻腔内を広く使うことで

響きのある良い声が出ます。

 

良い声を出すための方法

 

前述の通り、良い声を出すには以下の2つの大きなポイントがありました。

1 一定の強さで息を吐く。

2 口腔内と鼻腔内を広く使う。

 

一定の強さで息を出すには

 

一定の強さで息を吐くには、腹式呼吸が最適です。

腹式呼吸といっても、お腹で息をするのではありません。

簡単にいうと深呼吸の要領です。

深くゆっくり息を吸うことで横隔膜を十分下げて、

息を吐くときはできるだけ横隔膜を上げないように

目の前のろうそくを消さないように一定の揺れを保つように吐きましょう。

 

口腔内と鼻腔内を広く使うには

 

口腔内の軟口蓋を持ち上げることで、口の中を広げることができます。

鼻腔はハミングとかをすると鼻が震えるのがわかりますよね。

その感覚を保ちながら声を出してみましょう。

また、日本語の「イ」や「エ」を発音するときは口が横に広がりますよね。

口が横に広がり縦に狭くなると、口腔内も狭くなりがちです。

口をできるだけ横に広げないようにしてみましょう。

 

まとめ

 

さて、いかがだったでしょうか。

歌うことって難しいって思いますよね。

確かに難しいこともたくさんあります。

 

でも、基本的な声の出る仕組みを知れば、ちょっとしたことで

良い声が出せるきっかけになります。

皆さんも、簡単なことからチャレンジしてみましょう。

 

レッスンを受けてみたい方はこちらから

Follow me!

発声
スポンサーリンク
Kenjiをフォローする
初心者専門ギター弾き語り