onsongを使ってみた〜その2

未分類

こんにちは、五十崎研二です。

皆さん、onsongって知っていますか?

私がiPadでコード譜を作成するときに使っているアプリです。

 

でも、歌詞やコードの入力はちょっと手間だと思うことがあります。

今回は、ChordWikiを使ったonsongの便利なコード譜作りについてご紹介しますね。

 

ChordWikiってなに?

 

ChordWikiとは、2006年にスタートした歌詞付きのギターコード譜を共有するサイトです。

J-POPからアニソンや、オリジナル曲などいろいろなジャンルの曲が掲載されています。

このサイトはユーザーからの投稿で新しい曲やマニアックな曲などが

次々に更新されていきますので、弾き語りをする人は必見です。

あれ?

onsongの話じゃないの?

今度はChordWikiを勧めるの?

ご安心ください。

なんでChordWikiの話を始めたか、ご説明していきます。

 

ChordWikiを使ってonsongが簡単に作れます

 

onsongは、手軽にコード譜を作れる便利なアプリだということは

前回、ご紹介させていただきました。

でも、歌詞やコードを入れないといけないのは少し手間ですね。

そんなときにChordWikiを使えば魔法のように一瞬でコード譜ができますよ。

ChordWikiで曲を選ぼう

 

まず、ChordWikiを開いてみましょう。→ここをクリック

最初にこんな画面が出ます。

曲名は検索欄から探したり、楽曲リストから選んだりすることができます。

今回はアクセスランキンから1位の曲を選んでみましょう。

コード譜が表示されますね。

このままでももちろん使えますが、これがonsongにあるといいですよね。

ChordWikiのデータをコピーしよう

 

画面の上部の「編集」をクリックしてみましょう。

するとこんな画面が出ますね。

これが入力されたデータの部分です。

この入力形式がonsongの入力形式に酷似しており

この入力データをonsongに貼り付けるだけで

歌詞やコードの入力をしなくてもonsongでコード譜が出来上がるんです。

onsongにデータを貼り付けよう

 

それでは、先ほどのChordWikiの編集画面からコピーしたデータを

onsongに貼り付けてみましょう。

onsongを開いて、「新しい楽曲」の入力画面を開きます。

表示されている内容を、先ほどのデータで上書きしてください。

最後に右上の完了ボタンを押してください。

ほら

もう出来上がりました。

まとめ

 

いかがでしたか?

面倒な入力作業を行うことなく、コード譜が作れますよ。

皆さんもChordWikiを使ってonsongを快適に使いこなしましょう。

 

 

Follow me!

未分類 楽譜
スポンサーリンク
Kenjiをフォローする
初心者専門ギター弾き語り