onsongを使ってみた

楽譜

こんにちは、五十崎研二です。

皆さん、onsongって知っていますか?

私がiPadでコード譜を作成するときに使っているアプリです。

今回は、onsongを使った簡単なコード譜作りについてご紹介します。

 

onsongってなに?

 

このアプリは、エディタに歌詞とコードを入力すると、コード譜が簡単に作成できるアプリです。

実際にライブイベントなどで使っていますが、iPad一つ持ち歩けばいいのでとても楽です。

オリジナルを作るようになってさらに重宝しています。

また、コードに色ずけをしたり、色々便利な機能も満載で、まさにアコギ弾き語りのためのアプリですね。

 

onsongでコード譜を作ってみましょう

 

新しいコード譜を作るときは、エディターを使います。

 

歌詞を入れよう

 

まず、「新しい楽曲」を選ぶと、エディター画面が表示されます。

 

 

ここに記載されている内容は、上から「曲名」「歌手名」「キー」

一行あけて、その下は歌詞とコードを入れる欄になります。

まず、「曲名」「歌手名」「歌詞」を入れてみます。

 

 

そうして、完了ボタンを押すと、実際の表示画面が出ます。

 

 

曲名が、みやすく表示されているのがわかります。

 

コードを入れよう

 

次にコードを入れてみましょう。

 

 

コードは、エディター下に、コードタブが用意されています。

そこにないコードは、[  ]を挿入して、そのカッコ内に直接コード名を打ち込むことで作成できます。

一度作成したコードはコードタブに追加されますので、次に同じコードが出てきた場合は、ワンクリックで挿入できます。

 

 

コードを入れるとどのように表示されるか見てみましょう。

 

 

エディターに歌詞とコードを並べて入力したものが、コード譜として歌詞の上にコードが綺麗に表示されていますね。

これでわかるように、エディターに入力するコードは、頭に表示させたい歌詞の直前に入れるようにしてください。

 

機能を使ってみよう

 

コード譜ができましたが、弾き語りをするときに、コードが見づらい場合は、色を変えることができます。

コードスタイルで好みの色をクリックしてください。

 

 

また、キーを変更したい場合は、設定画面の一番下のギターマークをクリックすると、コードを編集する画面に変わります。

そこで、変えたいキーを選んでください。

 

 

さらにコードを目立たせたい場合は、形式編集画面のコードハイライトでこんなこともできます。

 

 

コードの押さえ方がわからなくなった場合は、コード譜のコード部分をタッチすることで、コードの押さえ方が表示される便利な機能も付いています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

まだまだたくさんの機能が付いていますが、基本的なコード譜の作り方と、代表的な機能について紹介させていただきました。

 

onsongは、オフラインで使えますので、ネット環境がなくてもいつでもどこでも利用することができますので安心ですね。

 

※onsongのダウンロードはこちら

Follow me!

楽譜
スポンサーリンク
Kenjiをフォローする
初心者専門ギター弾き語り