用途にあったモバイルバッテリー選び

モバイルバッテリー

こんにちは、五十崎研二です。

 

皆さんはモバイルバッテリー使っていますか?

 

出先でも電源を用意しているお店もありますが、やはりスマホが移動中に切れてしまったりすると困りますよね。

また、私はZOOM Q2nをモバイルバッテリーで使っていますが、単三電池だとすぐ無くなってしまうので、便利ですよ。

 

そんなことで、今回は私のオススメのモバイルバッテリーを紹介したいと思います。

 

モバイルバッテリーの選び方

 

モバイルバッテリーもたくさんの種類が出ていて迷ってしまいますよね。

自分の使い方にあったものを選ぶことが大切だと思います。

その基本的な選択基準となる容量について考えてみましょう。

 

容量

 

10000mAh未満

 

ちょっとしたお出かけに、念の為持っていきたいと思った時には、5000mAh程度の軽くて持ち運びに便利なコンパクトタイプがオススメです。

値段も安く、5000mAhあればスマホが1〜2回程度の充電が可能です。

 

10000mAh〜20000mAh未満

 

一日中出かけていて、スマホを頻繁に利用する場合や、スマホだけではなく他のモバイル機種も充電したい時には、10000mAh以上がオススメです。

移動中にスマホに夢中になっていると、思いがけずバッテリーが早く消耗してしまうことがありますので、この程度あれば3〜5回はスマホの充電ができますので安心ですね。

 

20000mAh以上

 

長期間の旅行に出かけるときや、スマホ以外にパソコンなどを出先で本格的に使いたい時などは、20000mAh以上の大容量のモバイルバッテリーが必要ですね。

最近は、電源を用意しているお店も増えましたが、近くにないとか、行ったら満員でコンセントが使えないなど、私も経験したことがあります。

20000mAh以上あれば、一度に複数のモバイル機種の充電も楽々できますね。

 

私のオススメのモバイルバッテリー

 

Anker PowerCore Fusion 5000

 

このモバイルバッテリーは容量が5000mAhです。

製品寸法:約72 x 70 x 31mm
製品重量: 約189g
入力:【AC入力】100-240V – 0.5A 50-60Hz 【Micro USB 入力】5V – 2.1A
出力:【ACアダプタ出力】5 V = 2.1 A (最大2.1 A) 【モバイルバッテリー出力】5 V = 3 A (最大3 A

上記のように非常にコンパクトです。

 

この製品の最大の特徴は、ACプラグがついていて、ケーブルを使わずに本体に充電ができることです。

夜寝る前に、スマホをつないだままコンセントにさしておくと、朝にはバッテリーもスマホもフル充電になっていて、出かける際にそのまま持ち出せばいいだけです。

ポートが2つついているのでスマホと一緒にiPadも一緒につないでおいたりもできます。

5000mAhあるので、ちょっとした外出先でのスマホの充電には十分です。

 

このバッテリーをコンセントにさしてスマホを充電する場合、スマホの充電が終了してからバッテリー本体に充電されます。

本体が充電されていない状態で、コンセントにつなぎながらスマホを利用した場合には、いつまでたってもバッテリー本体に充電されないことがありますので注意してくださいね。

 

Anker PowerCore II Slim 10000

 

このモバイルバッテリーは容量が10000mAhです。

製品寸法: 約137 x 66 x 16mm
製品重量: 約210g
入力:5V – 2A, 9V – 2A
出力:5-6V = 3A, 6-9V = 2A, 9-12V = 1.5A

この容量でわずか210gというのはとても軽量です。

大きさはiPhone7と同じくらいとスリムです。

 

このPowerCore II Slim 10000にはAnkerが独自に開発した技術「PowerIQ 2.0」が組み込まれていて急速充電が可能となっています(急速充電対応充電器利用時)。

ただし、ポートが1つしかないので、複数のモバイル機器を同時に充電することはできません。

外出時にスマホを頻繁に使う方にオススメだと思います。

 

Anker PowerCore II 20000

 

このモバイルバッテリーは容量が20000mAhです。

製品寸法: 約170 x 62 x 22mm
製品重量: 約369g
入力:【Quick Charge入力】5V – 2A, 【PowerIQ 2.0入力】9V – 2A
出力:【PowerIQ 2.0出力】18W – 5V = 3A, 9V = 2A, 12V = 1.5A【PowerIQ出力】12W – 5V = 2.4A

この大容量で、大きさはコンパクトです。

比較的細長いのでバッグの隙間とかに入れてしまえば意外と持ち運びは気になりません。

 

これだけの容量があれば、長期間の旅行にも、パソコンの充電にも安心です。

PowerCore II Slim 10000と同様に、Ankerが独自に開発した技術「PowerIQ 2.0」が組み込まれていて急速充電が可能となっています(急速充電対応充電器利用時)。

また、さらにサイズとコスパにこだわるのであれば、充電に若干時間はかかりますが、Anker PowerCore 20100がありますのでそちらもオススメです。

<Anker PowerCore 20100>

製品寸法: 約166 x 58 x 22mm
製品重量: 約356g

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

本当にたくさんの種類が出ていますので、実際に使ってみて使い心地とか確かめてみるのがいいとは思いますが、迷った時は参考にしてみてください。

実際に外出時に充電が切れてしまって困ってしまった経験ってありますよね。

用途に合わせて、あなたにあったモバイルバッテリーを探してみてください。

 

Follow me!